Exhibition

第70回 旧三商大写真展 〜創立85周年記念展〜

 暑い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。この度は、第70回 旧三商大写真展にアクセスして頂き、誠にありがとうございます。今回の写真展では、各大学でテーマ別に作品を掲載しています。当ページでは、「私たちの今」をテーマにした作品をご覧いただけます。
 No.1〜 一橋大学・津田塾大学写真部
 No.11〜 大阪市立大学写真部      
 No.23〜 神戸大学写真部      
 作品は大学別に、上記の順番で掲載しております。他の2テーマの作品については以下よりご覧ください。
 テーマ「大切なもの」:大阪市立大学写真部HP
 テーマ「希望」:神戸大学写真部HP
 なお、今年でこの三商大写真展が70回を迎えるということで、本写真展トップページにて「三商の歴史 振り返りページ」を設けております。      
 ぜひこちらもご覧ください。三商大写真展トップページはこちら
(2021.8.31 部員一同)

(タイトル写真:『Blame, Flame』 N.E.)

No. 1 
タイトル Blame, Flame
撮影者 一橋大学,4年, N.E.
コメント That's so Lame.

No. 2
タイトル Color Girl
撮影者 一橋大学,4年, 丸岡 輝
コメント 過ぎ去らないで

No. 3
タイトル オンライン部会
撮影者 一橋大学,3年, 古賀 政嵩
コメント 以前のように部室に集うことはできないけれど、できる限りのことはしたい。

No. 4
タイトル isle
撮影者 一橋大学,3年, 白石 脩
コメント silence//solitude

No. 5
タイトル 苔のような煙草
撮影者 一橋大学,2年, Y.K.
コメント -

No. 6
タイトル 小さな光
撮影者 津田塾大学,1年, H.H
コメント -

No. 7
タイトル 今はコロナ時代ヤデェ
撮影者 一橋大学,昭和33年卒, 羽島 賢一
コメント コロナ禍の今取り戻したい光景

No. 8
タイトル わが家の木槿(むくげ)
撮影者 一橋大学,昭和33年卒, 森 正之
コメント 畑の一角で満開の木槿。三角塔は旧久我小学校(現准看護学校)です。撮影2021.7.22(木)

No. 9
タイトル 距離感
撮影者 一橋大学,平成7年卒, 高原 浩一
コメント -

No. 10
タイトル 白南風の空
撮影者 一橋大学,平成10年卒, 小池 学伸
コメント 世間の流れに関係なく季節は進みます。

No. 11
タイトル 小休止
撮影者 大阪市立大学,4年, T.H.
コメント 混沌のなかでひとやすみ

No. 12
タイトル ヒトノイトナミ
撮影者 大阪市立大学,4年, E.F
コメント 形骸化した『不要不急』

No. 13
タイトル 厳しい現状
撮影者 大阪市立大学,3年, nG
コメント "私たちは今、大変厳しい状況の中で生活しています。でも、厳しい状況の中でも、前へ前へと進んでいかなければなりません。前へ進むのが大変なときもありますが、1歩ずつ前進していかなければならないのが「私たちの今」です。

No. 14
タイトル ワタシタチの今
撮影者 大阪市立大学,2年, 今井 太陽
コメント "にゃんてこったなボクの今.ボクらもマスクしてお店の前に立つと息苦しいにゃ……"

No. 15
タイトル きょう日
撮影者 大阪市立大学,2年, 川原 ヒカル
コメント -

No. 16
タイトル 変わらない夏休み
撮影者 大阪市立大学,2年, N.H.
コメント -

No. 17
タイトル あじさい
撮影者 大阪市立大学,2年, T.H.
コメント 奈良県長谷寺のあじさいです。

No. 18
タイトル 密です。
撮影者 大阪市立大学,2年, S.H
コメント -

No. 19
タイトル つづく
撮影者 大阪市立大学,1年, 上佐古 望未
コメント 今の状況は、終わりの見えない階段を下っていくみたいだと思いました。

No. 20
タイトル 非日常が日常に
撮影者 大阪市立大学,1年, 多田 彩夏
コメント -

No. 21
タイトル 交流・学び
撮影者 大阪市立大学,昭和44年卒, 山出 惠治
コメント -

No. 22
タイトル 阿波踊り
撮影者 大阪市立大学,昭和45年卒, 三好 克治
コメント -

No. 23
タイトル それでもみんな生きていく
撮影者 神戸大学,4年, Ryle
コメント 厄介なものだな、生きるというのは

No. 24
タイトル おうち日和
撮影者 神戸大学,3年, Y.N.
コメント 外に出られないからこそ、見えてくるものがある。

No. 25
タイトル いまは我慢
撮影者 神戸大学,3年, 山家 佑太
コメント -

No. 26
タイトル 永遠の冬
撮影者 神戸大学,2年, 大森 涼葉
コメント タイトルはGalileo Galilei「Electroland」より

No. 27
タイトル 退屈
撮影者 神戸大学,2年, R.K
コメント -

No. 28
タイトル 見えない
撮影者 神戸大学,2年, 佐藤 静紅
コメント -

No. 29
タイトル マンションでのzoomミーティング
撮影者 神戸大学,昭和37年卒, 竹内 淳一郎
コメント パンデミック下zoomミーティンを自宅マンションでおこないました。

No. 30
タイトル ときめきのとき (九十九谷)
撮影者 神戸大学,昭和44年卒, 森 泰造
コメント 脈々と連なる山並の向こうからの日出の瞬間、 光条に彩られた得も言われぬときめきの情景が出現する。

No. 31
タイトル ジャンプ
撮影者 神戸大学,昭和50年卒, 松本 純郎
コメント バイヨン遺跡で海外の学生らしき団体がジャンプしていたので、お願いして再度飛んでもらいまいた。

No. 32
タイトル このさきには
撮影者 神戸大学,昭和51年卒, 三島 和男
コメント 以前とは違い人気のない竹林の小径を歩いていたら、道にできた影が面白かった。影が僕を誘導しているように思えた。コロナで世の中の様相が変わり、将来に対して漠然とした不安のようなものを感じている。この道の先には何かがあるような感じがした。

No. 33
タイトル 「立ち上がれ、ファイト!」
撮影者 神戸大学,昭和54年卒, 清水 博之
コメント 鉄人28号は震災復興を祈願して建てられたものだが、昨今は携帯に鉄人28号の勇姿を収め、コロナ退散のお守りにするという。

No. 34
タイトル 関宿にて
撮影者 神戸大学,昭和56年卒, 稲垣 誠
コメント コロナ禍でマスクを装着しての旧東海道 関宿散策でした。ナガオ薬局のガラス窓に映る向かいの建物やマスク姿の観光客、ガラス窓の内側の実像、それらの融合で面白い画像になりました。

No. 35
タイトル 愛娘に幸あれ
撮影者 神戸大学,昭和63年卒, 三上 彰規
コメント 新型コロナ感染が下火だった昨秋、開かれためいの結婚式。ずっと仏頂面だった義兄は最後に力を込めて娘を抱きしめました。今、私たちが切望するのは人の温もりです。

No. 36
タイトル ノンアルのパーティー
撮影者 神戸大学,平成24年卒, 古賀 竜太郎
コメント 気軽にお酌できるのが待ち遠しい


ご覧いただきありがとうございました。よろしければ、アンケートにご協力ください。 作品アンケート回答こちら。
他の2テーマの作品は以下よりご覧いただけます。
テーマ「大切なもの」:大阪市立大学写真部HP
テーマ「希望」:神戸大学写真部HP

copy right © 2015-2021 hit-photo. All rights reserved.